人忍者の人気の秘密 第一次伊賀の乱 忍者ブログ
忍者を語る
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

戦国期を通じて伊賀は殆ど無領主の国だった。
戦国末期、仁木弾正友梅が乱交の土豪たちに押されて一時名目の領主の地位についた
ことはあるが、名目の地位に満足しなかったため、地侍に追われて亡命するという珍
事件もあった。
この無領主の伊賀に食指を動かしたのが、織田信長の次男・北畠信雄だった。
信雄は、伊賀攻めの足場として養父具教が生前築いた、名張郡下神戸字丸山の山城が
荒廃しているのに目をつけ、家臣の滝川三郎兵衛に命じて修理再興をはからせた。
それを知った伊賀の地侍達は、完工直前の丸山城を奇襲、
これを焼き払い、城将滝川三郎兵衛を逆援助に追い返した。天正6年7月の事である。
滝川の報告に激怒した信雄は、翌天正7年9月、八千余騎の軍を率いて伊賀を攻めた。
信雄は大軍をもって一気に伊賀を攻略しようと兵を三道に分けて侵入したが、伊賀地侍
連合軍によって進路を阻まれた。
9月17日の午前から午後にかけて、信雄軍を山道に釘づけにした伊賀勢は夜になると
得意の夜討・奇襲戦を展開してこれを攻撃、撃退した。
それを聞いた信長は、信雄の独断を叱責の上謹慎させ、伊賀に兵を出す事を禁じた。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
  • seo
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
SEOパーツ